たくさんの言語があり、あらゆる人々が生活している地球社会の
共通言語のひとつとして、英語があります。
日本に生まれた私たちが心を開いて英語を話すことは、
これからの日本社会がよりオープンになるためにはとても大切なことではないでしょうか。
自らの決心からの学びは、自分の世界を広げる、
さまざまな体験を導きだしてくれます。
私たちは学校で英語を学ぶということを必然的にしてきましたが、
果たしてそれは何のためでしょうか。
テストや受験のためではなく、
コミュニケーションのために英語を使ってより多くの人と知り合い、
会話をし、自分の世界を広げてくれるひとつの橋わたしが英語だと思うのです。

わたしが英語を学ぶ理由

プラネットイングリッシュでは、
自己表現のためのあらたなる媒体として、英語をとらえています。
英語には日本語にない明確さや素直さが含まれていると捉えることにより、
その言葉を話すことによって話し手自身が、
明るく前向きになれるようなコミュニケーションが可能になります。
文法や文章の正確さを求めるのではなく、
話し手や聞き手が自分自身と新ためて向き合い、
異文化の方達と楽しく話せるようになることを目的としています。

プラネット イングリッシュの英語

これから、大切なのは自分のことを素直に表現し、
お互いを謙虚に尊重し合うコミュニケーションです。
自分のハートが開くと、人と会ってお話をするのが楽しくなりますよね。



コースのご案内


プラネットイングリッシュ コーディネーター 
田中 由里香 プロフィール

1982年横浜生まれ。15歳の夏にMALCの集中コースを受け、
その後アメリカのボストン、オーストラリアのオレンジへ留学。
人生の岐路を19歳の冬、マウイ島の星空をきっかけに迎える。
ハワイ大学天然資源環境マネジメント学科に入学後
全米学生代表団の一員として南アフリカへの研修旅行を経、
ハワイ東西センターの奨学生として、
2008年の5月にハワイ大学都市地域計画修士課程を修了。
自らの経験を活かした生きた学びを追求している。